「遊びの街」で楽しむ

ソファに寝る女性の脚

二極化

大阪というエリアは、商業の街、食の街としても知られていますが、風俗としての歴史も古い街としても有名です。特に遊郭は、東京の吉原と並ぶ程の大盛況だったこともあり、昔から大阪エリアには風俗の人気店が密集しておりました。ビジネスでも利用される事が多い為、高度成長期には、地方や都内から大阪に出張に来た際に、大阪の風俗を堪能するといった方も多く、接待などにもよく利用されていました。バブル崩壊後には、風俗にかける事ができる金額も減少する傾向にあった為、ソープランドよりも負担の少ないピンサロやデリヘルが人気となっていました。その中でも、現役レースクイーンや読モなどが在籍している大阪高級デリヘルは、ここ数年でかなりの発展を遂げています。

現在、不況が続いている日本社会では、飲食店もアパレル関係も、激安店と高級店の利用者が多く、中途半端な価格帯のお店が苦しんでいるという二極化傾向にあります。その流れは風俗でも同じで大阪でも激安デリヘルと高級デリヘルの二極化が始まっています。大阪高級デリヘルは、他の風俗に負けないくらいのレベルの高い風俗嬢と、サービスを取り揃えている為、利用者数も増えています。大阪高級デリヘルは値段こそ高目ですが、得られるサービスの対価としては決して高くありません。今後はより質の高いサービスとデリヘル嬢を揃えた大阪高級デリヘルが誕生し、人気になってくると予想され、お客さんも激安店と高級店をTPOに合わせて使い分けるような接し方になると思います。

注目の記事